証拠品を探す 記録


浮気調査をする上で、浮気をしているだろうと言う記録に関しては、携帯電話の存在が大きいでしょう。
夫婦間での携帯電話の使い方にいては、平気で相手の内容をみても良いパターンと、あくまでもここは相手のものは見ないパターンがあります。
これによっても記録の証拠品の探し方は違ってきます。
たいてい、なんでもOKの夫婦の場合、浮気の記録は全て消去しているはずですが、抜けている相手の場合は、うっかり通信記録を消去していない場合もあります。

その時に、見知らぬアドレス、携帯番号などは覚えておくと同時に、SDカードにしっかり保存をしておき、印刷できるようにしておきます。
また、そこまでの手間が大変なときには、その画面を写真に収めるなどして、証拠の品物として仕上げておくことが必要です。

しかし、相手の携帯電話はお互い見ない、というルールの夫婦に関しては、いくら浮気の疑いがあるとしても、一応のルール違反を犯すことになりますから、慎重に見つからないように、記録を確認してみてください。
見ないから安心とそのままにしてあることもありますが、見たことを知られないようにするために、コソコソとすることが必要です。
そのときに、しっかりと証拠があったとしたら、もちろん保存しておくことが大切です。

この携帯電話を見てはいけないルールの夫婦の場合、隠していた浮気をルール違反によって事実が発覚した場合、『俺が浮気をしていたけれど、お前は俺の携帯電話を勝手に見た』と逆切れすることが多くあります。
だから、お前が悪いといいだけのこのセリフ。
どう考えても、“俺”が悪いですから、ひるまないようにしましょう。
疑わしい態度をしていて、浮気をしているような行動から、やむを得ず携帯電話を見たのです。
それを逆切れするというのは言語道断。
そんなヤツとは即刻離婚、良いきっかけだと思ってください。
相手は携帯電話を見ないからと、記録を消去していないというのも、浅はかな行動ですが。