証拠写真


浮気調査をする上で、決定的な証拠品は写真です。
探偵社においても、決め手となる証拠写真の入手を持って、浮気調査の成功となります。
例えば、他の女性とホテルに行きました、腕を組んで歩いています、路チューをしていましたということが、事実だとしても、それを証拠とするには、第三者がみても、それらの事実をしていたと証明されることで、初めて証拠になります。
そのために、予備調査、尾行、張り込みときて、最終的に証拠写真の撮影になります。

証拠写真は、鮮明であることが条件です。
ですから、探偵社の写真撮影に関しては、プロカメラマン並の技術が要求されますが、ポイントとしては、どこで、誰と写っているか、何よりも対象者がはっきりと写っていることでOKです。
写真的にキレイと言うよりは、これらの条件が一枚の証拠写真に収まっていることで、探偵社の最終的な結果となります。
最近では、動画撮影などの技術もあり、より高度な証拠写真を提供できる探偵社もあります。

写真撮影の技術よりも、そこに至るまでのプロセスが、探偵社の腕の見せ所で、依頼をする場合は、この証拠写真の存在が気になる部分です。
探偵社では、浮気調査に関しては、プロの技術で万全態勢で望み、一日でも早く証拠写真の撮影を目指します。
この証拠写真を自分で撮影することが出来れば、探偵社に依頼することもないと言えますが、ドラマのようにうまくいくことは少ないと言えます。
ですから、浮気調査のプロの探偵社に全てを託し、しっかりと浮気の現場を押さえることが大切です。
浮気の証拠写真を提出して、まだ言い訳をするようでしたら、即刻離婚でしょう。
と言いたいところですが、その判断は、依頼者の心のなかの葛藤との戦いになります。
探偵社にしても、写真を提出し、浮気調査の終了を言い渡し、料金の精算をするところで終わりです。