お葬式の時に使えるお悔やみの言葉について


お通夜は突然のことが多いです。
もし、親しい友人が亡くなってしまったら…など。人の死というものは本当に突然のことが多いのです。
あなたももしかしたら、明日か今日に死ぬかもしれません。

それほど、人の死というのは急なことなのです。

訃報を知って通夜に駆けつけたはいいけど、遺族の人になんて言えばいいのか分からない!
そういう時ってありますよね。おそらく多くの人はあまり知らないことなのではないでしょうか。

そこで通夜の時に遺族の人にかける言葉について今回はご紹介しましょう。
コレさえ知っていれば、失礼にもあたりませんしむしろ関心されると思います。

【通夜に使えるお悔やみの言葉】

「この度はご愁傷様でございます。心よりお悔やみ申し上げます。」

・一番シンプルな言葉です。難しく考えたくない人におすすめです。

「この度は、ご愁傷様でございます。さぞお力落としの事でございましょう。謹んでお悔やみ申し上げます。」

・丁寧な言葉です。お力落としとは遺族が悲しんでいる様子のことを表すためです。

「この度は、誠にご愁傷様でございます。
さぞお力落としの事でございましょう。ご看病のお疲れが一度に出る時ですから、どうかご自愛くださいませ」

・誰か病気だった時に使えるものです。遺族に気を使いたい人に。

他にもありますが、時と場合に合った言葉をかけてあげましょう。
遺族は通夜も葬儀もそして、霊園や墓地などを決めなければならないので、
とても忙しいのです。